北関東22信金・信組、7割が実質業純増益 19年4~9月期

2019/12/25 17:37
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北関東の22信用金庫・信用組合の2019年4~9月期決算は、約7割にあたる16金融機関が本業のもうけを示す実質業務純益が増益または黒字転換となった。貸出金利回りの低下は続くものの国債や投資信託の売却益の計上や経費の削減で補った。一方で取引先の業況悪化に伴う不良債権処理損失もじわり増え、最終損益は半数超が減益または赤字転落となった。

実質業純は14信金・信組が増益、群馬県信用組合(群馬県安中市)と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]