ベネズエラ現政権 存続の理由(The Economist)

The Economist
2019/12/31 0:00
保存
共有
印刷
その他

ベネズエラの首都カラカスの街を見下ろす高級ホテル、フンボルトは、歴代政権が果たせなかった約束の象徴だった。ヒメネス将軍による軍事独裁政権下の1956年に竣工して以来、ほぼずっと休業状態だ。山の上のホテルと街を結ぶケーブルカーは頻繁に故障する。だがマドゥロ大統領率いる現在の社会主義独裁政権は、フンボルトがベネズエラ初の「七つ星」ホテルとしてまもなく営業を再開すると約束している。

12月14日、この…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]