/

この記事は会員限定です

つかむ・運ぶ、機転利くロボ プリファードが開発

2020年AI先読み通信簿1 体育(ロボット)

[有料会員限定]

囲碁でプロに勝ち、多言語翻訳や複雑なデータ解析もこなす人工知能(AI)。近年は大学での研究レベルを超えて産業界での活用も進むが、完全自動運転車の開発など実用化にはなおハードルが残る。産業イノベーションの鍵を握るAIの今の実力はどれほどか。今後の技術動向も踏まえ、記者が2020年の先読み通信簿を算数や外国語など5つの科目で付けてみた。初回は「体育(ロボット)」。モノの認識から判断、作業まで、AIの総...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン