/

紙の出版物、15年連続減 出版不況止まらず

出版業界の調査研究機関である出版科学研究所(東京・新宿)は25日、2019年の紙の出版物の推定販売金額が約1兆2400億円台になりそうだと発表した。15年連続で前年実績を下回る見通しだ。出版不況が止まらない。加えて、消費増税に伴う節約志向の高まりや台風など天候不順で、書店での販売額が低迷したことも販売額を押し下げた。

出版科学研究所によると、19年1~11月の紙の出版物の推定販売金額は前年同期比3.9%減となった。年間の推定販売金額は1兆2400億円台を見込む。

内訳は1~11月の書籍の販売額が3%減、雑誌は5%減だった。児童書やビジネス書などベストセラーが多かったジャンルは好調だった一方、文芸書や文庫本などは低迷。特に「文庫本は下げ止まらない状況が続いている」(出版科学研究所)という。

19年通年の推定販売金額は書籍が6800億円弱、雑誌は5600億円前後になる見通しだ。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン