タイ、2万4000店でレジ袋提供取りやめ 1月1日から

2019/12/25 15:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【バンコク=岸本まりみ】タイ小売業協会は2020年1月1日から、買い物客へのプラスチック製レジ袋の無償提供をやめる。加盟するスーパーやコンビニなど2万4500店舗が一斉に停止する。東南アジアではレジ袋削減に向けて一部地域で有料化が進むが、これだけ大規模な取り組みは珍しい。プラスチックゴミの一定の削減が見込める一方、不満を持つ消費者も出てきそうだ。

CPオールがタイで運営する「セブン―イレブン」や…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]