/

2005年の桜を見る会「60」は首相枠 官房長官認める

菅義偉官房長官は25日の記者会見で、首相主催の「桜を見る会」について、招待区分「60」が2005年開催時に首相推薦枠だったと認めた。「(資料の)確認は難しいが、事務方によれば当時はそういうことだった」と述べた。共産党の宮本徹衆院議員が24日に「60」が首相推薦枠と明記された資料を公表していた。

菅氏は「60」が首相推薦枠として引き継がれているか問われ「個別の番号は定かではない。60番台は従来から官邸や与党の関係だった」と説明するにとどめた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン