レーシングワールド

フォローする

重要性増す「競走馬の福祉」 薬物規制強化の動きも

2019/12/28 3:00
保存
共有
印刷
その他

2019年の競馬界を振り返ると、競馬の持つ暗い側面が世界的に注目を集めた一年だった。

米国ではカリフォルニア州にあるサンタアニタパーク競馬場で、故障により命を落とす馬が相次いだと問題視された。オーストラリアでは引退した競走馬が劣悪な状況で殺処分され、食肉として海外に輸出されたとする報道があった。いずれも大手メディアが力を注いで伝え、競馬ファン以外に与えるインパクトも大きかった。

近年は競走馬が現…

レーシングワールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

競馬のコラム

電子版トップスポーツトップ

レーシングワールド 一覧

フォローする
豪州のレースの馬券売り上げは欧州と比べると少なかった(日本馬リスグラシューが勝った19年コックスプレート)=共同共同

 2019年に過去最多の日本調教馬が海外レースに出走するなど、競馬界で海外遠征への熱が年々高まっている。20年も早速、サウジアラビアで新設された1着賞金1000万米ドル(約11億円)の高額レース、サウ …続き (2/22)

2月1日もメインの白富士ステークスを勝つなど、1日5勝と活躍したマーフィー(JRA提供)JRA提供

 今年も開幕から1カ月が過ぎた中央競馬で、外国人騎手の活躍は相変わらずだ。ただ、同じ外国人でも世代交代の兆しがみえる。昨年から今年にかけて、20代半ばの新鋭が一気に台頭した。中央生え抜きの若手がベテラ …続き (2/8)

15日の姫路競馬再開初日には約3000人の観客が集まった

 7年半ぶりに蹄音(ていおん)が戻ってきた。2012年8月30日を最後に休止していた姫路競馬場(兵庫県姫路市)でのレースが15日、再開した。
 同競馬場で洪水防止のための調整池の工事が行われていたことに …続き (1/25)

ハイライト・スポーツ

[PR]