「デジタル人民元、アメリカの警戒心弱く」アリソン氏

逆境の資本主義
2020/1/4 2:00
保存
共有
印刷
その他

1978年の改革開放以来40年間、中国は高成長を続けてきた。さらなる国力増大へデジタル技術に磨きをかけており、米国との覇権争いを演じる。日米欧など自由資本主義と相いれない国家資本主義の台頭は何を意味するのか。新旧の大国が衝突を繰り返した歴史研究で有名な米ハーバード大学のグレアム・アリソン教授に聞いた。

 グレアム・アリソン氏(Graham Allison) ハーバード大学ケネディスクール初代院長。…
保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]