/

この記事は会員限定です

経営トップの外部登用、日本でも本格化

[有料会員限定]

経営トップを外部から登用する例は海外では珍しくない。古くは食品・たばこ大手の米RJRナビスコから経営危機に陥っていた米IBMに移って再建したルイス・ガースナー氏らがいる。コンサルティング大手のコーン・フェリーによると、米大手500社の現職の最高経営責任者(CEO)のうち、17%は他社からの引き抜きだ。直近1年間では22%まで比率は高まっている。

日本でも社長業を渡り歩く「プロ経営者」とよばれる人材...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り555文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン