/

TikTok、中国の運営会社が株売却も 米報道

【ニューヨーク=後藤達也】中国の北京字節跳動科技(バイトダンス)は動画投稿アプリ「TikTok」(ティックトック)の持ち株の売却を検討している。米ブルームバーグ通信が伝えた。米政府が安全保障上の脅威になると警戒していることに対応する考えだという。

バイトダンスがティックトック株の売却を検討=ロイター

バイトダンスは世界最大のユニコーンとも言われ、ソフトバンクグループ傘下のファンドも出資している。ブルームバーグによると、バイトダンスはティックトックの運営の分離や持ち株の過半の売却など複数の案を検討している。過半の株式を売却すれば金額は100億ドル(約1兆900億円)を上回る可能性があるという。

バイトダンスは2017年に米国の動画投稿アプリ「ミュージカリー」を買収した。だが、米政府は米国人の個人情報が吸い上げられる可能性を危惧。対米外国投資委員会(CFIUS)がバイトダンスを調査している。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン