東アジアの危うい均衡、日中韓に温度差も

米中衝突
貿易摩擦
2019/12/24 20:53
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【成都=原田逸策】初会談から20年を迎えた日中韓首脳会談は、東アジアの安定に向けて連携することを確認した。朝鮮半島の非核化でも一致したが、北朝鮮政策や経済連携をめぐる3カ国の思惑はすれ違う。日中韓の連携は危ういバランスをどうにか保っているのが実情だ。

「3首脳は『魏』『呉』『蜀』ではなく、相争う者ではない」。安倍晋三首相は24日、日中韓の経営者との会合で語った。首脳会談の開催地、成都は「三国志」…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]