阿蘇山、活発化に注意 火山噴火予知連絡会

2019/12/24 20:37
保存
共有
印刷
その他

火山噴火予知連絡会は23~24日、定例会合を開き、全国の活火山の活動について評価をまとめた。会長の清水洋・九州大大学院理学研究院教授は会議後の記者会見で、熊本県の阿蘇山について「活動がかなり活発化しており、防災上注意が必要だ」と話した。阿蘇山の噴火警戒レベルは2の「火口周辺規制」。4月16日から噴火が継続的に発生している。

7月末から噴出物にマグマが急激に冷えた物質が多く含まれるようになり、10…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]