/

この記事は会員限定です

日本電産の永守氏は任せられるか 後継問題再び

[有料会員限定]

日本電産日産自動車の関潤副最高執行責任者(COO)を次期社長含みで迎える。創業者の永守重信会長の後継候補では3度目の外部招聘(へい)となる。永守氏だけでなく、ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長やファーストリテイリングの柳井正会長兼社長ら日本を代表するカリスマ創業者は、その強烈な個性とリーダーシップゆえ、後継選びで似たような悩みを抱えている。

永守氏は25日朝、集まった報道陣に対し、関氏を次期社長含みで迎えるとの報道について具体的な言及を避けた。

    【関連...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1718文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン