/

この記事は会員限定です

AIが操る兵器、規制追いつかず 軍拡リスクも

[有料会員限定]

人工知能(AI)を搭載した無人の防衛技術が急速に普及している。防衛省は攻撃に対処するため、2020年度予算案に無人機を無力化するための研究費を計上した。米国や中国はすでにAIが独自の判断で攻撃する最新兵器「自律型無人機」の開発競争を展開している。国際的なルール作りは追いついていない。

AIはここ数年で産業分野から防衛分野に活用の場が広がった。深層学習(ディープラーニング)の特性を生かせば、人が数年...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン