/

豚コレラ、法律上の和名「豚熱」に 農水省

豚コレラ感染予防のため、豚にワクチンを接種する獣医師ら(石川県宝達志水町の県農林総合研究センター畜産試験場)=同県提供・共同

農林水産省は24日、豚コレラ(CSF)の法律上の名称を「豚熱」とする方針を明らかにした。来年の通常国会に提出予定の家畜伝染病予防法改正案に反映する。同省は風評被害を防ぐため、豚コレラの呼称をCSFに変更していた。ただ、法律にアルファベットの略称は使えないため、日本獣医学会と共に適切な和名が付けられないか議論していた。

同日、日本獣医学会と農水省の担当者が記者会見を開き、方針を説明した。中国や韓国で感染が広がるアフリカ豚コレラ(ASF)についても、法律上は「アフリカ豚熱」に名称を変える。行政運営上は引き続き、CSF、ASFの呼称を使うという。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン