/

首相「責任果たす意思示す機会に」 習氏国賓来日巡り

安倍晋三首相は24日、中国・成都での内外記者会見で、2020年春の習近平(シー・ジンピン)国家主席の国賓来日に関し「日中両国はアジアや世界の平和と繁栄に対する大きな責任を有しており、その責任を果たす意思を明確に内外に示す機会だ」と述べた。「そのことがアジアや国際社会から求められている」と強調した。

新しい両国関係を定義する「第5の政治文書」については「現時点で何も申し上げることができない」としたうえで「今回の議論を踏まえて各分野での成果が上がるよう日中双方で一つ一つ努力していきたい」と語った。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン