チリ、抗議過激化で深まる経済混乱 景気後退懸念も

2019/12/24 18:29
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【サンティアゴ=外山尚之】チリで地下鉄運賃引き上げに端を発した政府への抗議活動の開始から2カ月が過ぎた。11月に予定されていたアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議が中止となった後も収束せず、市民と治安当局の衝突は日常の光景となりつつある。経済への影響も深刻で、観光などサービス産業は回復のメドが立たず、景気後退の懸念も浮上する。

首都サンティアゴ。「高い失業率や少ない年金、不平等な社会を我…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]