春日山原始林で初の試験植樹 枯死やシカ食害深刻
クリック

2020/1/5 11:00
保存
共有
印刷
その他

国の特別天然記念物で世界文化遺産の一部でもある「春日山原始林」(奈良市)で、植生を保全するための試験的な植樹が初めて行われた。害虫が運ぶ病原菌で樹木が枯死する「ナラ枯れ」やシカの食害などが原因で、古来守られてきた森林の景観が壊れる可能性が指摘されているためだ。ただ過去にこうした目的で植樹を行った記録はなく、効果が出るまでには時間がかかりそうだ。

春日山原始林は奈良公園の一部で、春日大社の神域とみ…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]