/

この記事は会員限定です

AI新興のクーガー、CGキャラが施設を案内

[有料会員限定]

人工知能(AI)技術などを開発するスタートアップのクーガー(東京・渋谷)は、CG(コンピューターグラフィックス)の人型バーチャルアシスタントを開発できるソフトの提供を始める。商業施設のデジタルサイネージ(電子看板)などに表示して、訪問客と会話もできる。実際の人間に代わる案内役などとしての利用を呼びかける。

提供するのは「コネクトームSDK」。カメラやマイクを通じて現実世界の人とコミュニケーションが...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り324文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン