/

協和発酵バイオ防府工場18日間業務停止 山口県、改善命令も

山口県は24日、キリンホールディングス子会社の協和発酵バイオに対し、防府工場(防府市)での医薬品製造について18日間の業務停止と業務改善を命じた。同工場では定められた手順と異なる方法で医薬品を製造していたことが判明し、9月から自主的に製造・出荷を中断していた。

業務停止は25日から来年1月11日まで。業務改善命令の内容は、違反行為の改善や経営層を含めた責任の明確化、管理体制の見直しなど。

協和発酵バイオは分析試験手順などについて米食品医薬品局(FDA)から2018年8月に指摘を受け、社内で調査。抗悪性腫瘍剤原薬「マイトマイシンC」で無菌性確保に影響しうる事実が判明したとして今年9月から製造・出荷を中断し、全品目について製造手順の確認と品質影響調査を実施していた。

同社は同日、山口市内で記者会見し、定められた手順と異なる方法で製造していた事例は18製品について34事例あったことを明らかにした。販売先の医薬品メーカーの協力も得て調査した結果、品質や安全性には問題ないことを確認したという。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン