/

この記事は会員限定です

東証「プライム」には厳しい基準 市場改革Q&A

[有料会員限定]

金融庁は24日、東京証券取引所の市場改革について報告書案を示した。現在、4つに分かれている市場を3つに再編することや、新しい1部にあたるプライム市場(仮称)では高いガバナンスと流動性を求めることなどが柱だ。東証株価指数(TOPIX)の見直しも含まれている。どのように変わるのかや、今後のスケジュールについてまとめた。

Q なぜ市場改革をすることになったのか。

A 東証は2013年に大阪証券取引所(現大阪取引所)と現物株市場を統合した。新興市場の上場先としてマザーズとジャスダックの2市場が混在し、中型株が多い2部市場との区別もわかりにくいとの指摘もでていた。そこで

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り920文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン