/

この記事は会員限定です

鈍る物価、金融政策難しく 23年でも2%達成確率5割未満 IMF指摘

[有料会員限定]

世界的に物価の伸びが鈍り、中央銀行による金融政策の判断が難しくなっている。物価上昇の目標を掲げる中銀は金融緩和を検討せざるを得ないが、雇用など別の景気指標は底堅い国が多いためだ。国際通貨基金(IMF)はこのほど日銀が掲げる2%の目標は当面、達成が難しいと指摘。各国の中銀は金融政策と物価目標の関係に難しい説明を迫られている。

IMFは日本の物価動向を今後の国内総生産(GDP)成長率や金融政策、米国景気を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1241文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン