/

この記事は会員限定です

サッポロHD、米国の清涼飲料事業から撤退へ

[有料会員限定]

サッポロホールディングス(HD)は米国での清涼飲料事業から撤退する。24日、豊田通商との共同出資会社で、果汁飲料を生産する米カントリーピュアフーズ(オハイオ州)を米投資ファンドのブルーポイントキャピタルパートナーズに全株を約80億円で売却することで合意した。コスト削減で営業赤字を減らしてきたが、中長期の成長が見込みにくいと判断した。北米では経営資源を酒類に集中する。

カントリーピュアフーズは米国に5工場を持ち、学校や病院向けの給...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り619文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン