/

この記事は会員限定です

低温経済、為替動かず 円の対ドル年間値幅が最小

[有料会員限定]

日米欧で為替相場が動かなくなっている。2019年の円の対ドルの値幅(高値と安値の差)は24日時点で8円30銭にとどまり、2年連続で過去最小を更新する見通しだ。ユーロとドル、ユーロと円でみても値幅は最も小さくなりそうだ。世界的な低インフレと低金利が続く「低温経済」に加え、電子取引の普及なども「動かぬ為替相場」を生み出している。

円が対ドルで高値をつけたのは1月3日に一時、1ドル=104円10銭まで急...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1148文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン