大阪IR、3事業者競う

2019/12/24 15:18
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

カジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を目指す大阪府・市が24日、全国の自治体で初めて事業者の公募を始めた。既に米MGMリゾーツ・インターナショナルとオリックスの共同チーム、シンガポールのゲンティン・シンガポール、香港のギャラクシー・エンターテインメントの3組が名乗りを上げており、府・市の審査が本格化する。

MGMとオリックスは10月下旬、大阪市内で開いた記者会見で「(日本での事業展開は)大阪…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]