バス運賃設定が利用促進のカギ 九州産業交通HD社長
戦略 トップに聞く

2019/12/25 5:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

熊本市中心部の複合施設「サクラマチ クマモト」の開業日(9月14日)に合わせ、当日の熊本県内のバス・電車を無料にする実験を企画した九州産業交通ホールディングス(HD、熊本市)。県全域を対象にした試みは全国初だという。利用低迷に苦しむバス業界で今回の調査を今後にどう生かすのか、矢田素史社長に聞いた。

――無料にした効果はありましたか。

「前の週より2.5倍の利用増につながった。市街地の渋滞や混乱の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]