「イクラバブル」崩壊? サケ大不漁なのに値下がり

価格は語る
2019/12/28 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

サケが40年ぶりの不漁に見舞われる中、イクラが値下がりした。直近5年間、サケの漁獲が減るにつれて、イクラの価格も年々上昇、"イクラバブル"の様相を呈していたが、あまりの高値に消費者がついていけなくなった。2017年冬、1キロ1万円を超えた卸値は現在6500~7000円。イクラは今後いくらになるのか。

■17年にはバブル期以来の最高値

12月中旬、東京都内のデパ地下では年末年始向け食材フェアが真っ盛…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]