太平洋からいただきます 映画監督 安藤桃子

エッセー
2020/1/8 14:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

映画のロケをキッカケに、「最先端はここだ!」と、3秒で移住を決めた高知県に暮らして足かけ6年。この6年の間に移住、結婚、出産、離婚と、女の一生濃厚凝縮、感情のジェットコースターの日々だった。気付けば世は令和元年を迎え、新時代の到来。あっという間に令和も2年目に突入していた。

時代の変わり目の渦中に生きていると、様々な変化を実感するには数%の客観視が必要だったが、とある晴れた日、青空にぽっこりと顔…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]