神奈川で食害拡大、シカやイノシシなど 県が対策強化

2019/12/25 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

神奈川県内で野生動物による食害が広がっている。丹沢地域のニホンジカが箱根町にも生息域を広げているほか、県西部地域で生息していたイノシシは逗子市や葉山町にも定着しつつある。県は12月から通知機能がある捕獲ワナの設置を開始。人工知能(AI)で動物の生息状況を把握する取り組みも始めるなど対策を強化している。

県自然環境保全課によると、箱根町でニホンジカが初めて見つかったのは10年ほど前だという。繁殖す…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]