出生数86万人に急減、初の90万人割れ 19年推計

2019/12/24 14:35 (2019/12/24 15:00更新)
保存
共有
印刷
その他

厚生労働省が24日発表した2019年の人口動態統計の年間推計で、日本人の国内出生数は86万4千人となった。前年比で5.92%減と急減し、1899年の統計開始以来初めて90万人を下回った。出生数が死亡数を下回る人口の「自然減」も51万2千人と初めて50万人を超え、政府の対策にもかかわらず少子化・人口減が加速している。

少子化は社会保障の支え手の減少に直結するほか、潜在成長率の低迷を招く恐れがある。…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]