日本サッカー世界への挑戦

フォローする

東京五輪とW杯 「逆算」で二兎追う森保ジャパン
サッカージャーナリスト 大住良之

2019/12/26 3:00
保存
共有
印刷
その他

森保一監督率いる日本代表は2019年に23試合を戦った。

通常、国際サッカー連盟(FIFA)が定める「国際マッチデー」で可能な試合数は年間10。だが今年は1月にアジアカップ(アラブ首長国連邦=UAE、7試合)、6月に南米選手権(ブラジル、3試合)、そして12月に東アジアE-1選手権(3試合)と大会参加が重なり、合計すると23試合にもなった。結果は15勝3分け5敗、得点41、失点20。

現在の日本…

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

日本サッカー世界への挑戦をMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

サッカーのコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
神戸は広州恒大との試合が3月から5月に延期された=共同共同

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)はプレーオフを終えて「グループステージ」出場の32チームが出そろい、2月10日にスタートの予定だった。しかし突然、第1回大会以来の危機が襲いかかってき …続き (2/6)

VAR判定でレッドカードを受け退場処分となる田中碧(左)=バンコク(共同)共同

東京オリンピックへの出場権をかけたアジアU-23選手権は、まだタイで続いている(決勝は1月26日)。しかしそこに日本代表の姿はない。グループリーグB組でサウジアラビアとシリアにともに1-2で連敗し、そ …続き (1/23)

天皇杯サッカーで初優勝を果たし、喜ぶ神戸イレブン=共同共同

 元日に新国立競技場で行われたサッカーの天皇杯全日本選手権決勝、なかでも前半45分間のヴィッセル神戸の出来は出色だった。Jリーグ時代になってから最も成功したクラブであり、毎年優勝争いに加わる鹿島アント …続き (1/9)

ハイライト・スポーツ

[PR]