/

新総務次官「信頼回復へ一致団結を」 漏洩問題受け就任

日本郵政に行政処分情報を漏洩した前総務次官の辞職を受けて就任した黒田武一郎次官は24日午前、同省職員に対する訓示式を開いた。黒田氏は「このような形での挨拶になり心からおわびする」と陳謝した。総務行政を担ううえで「判断が中立、公正であることが重要だ」と強調した。

職員に対して「信頼回復には努力が求められる。一致団結して難局を乗り越えよう」と呼びかけた。辞職した鈴木茂樹前次官からは「職員におわびを伝えてほしい」との伝言があったと話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン