ZMP、警備ロボット参入 ビルや倉庫向け

2019/12/24 11:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ロボット開発のZMP(東京・文京、谷口恒社長)は自律走行する警備ロボットを開発した。車いすサイズで、同じ車台(プラットホーム)をつかった宅配ロボット、移動補助ロボットに続き第3弾となる。ビルや倉庫などでの警備負担の軽減につながり、人手不足の解消を見込む。導入を希望する企業を募り、2020年5月にサービスを開始する。

開発したロボットは「PATORO(パトロ)」。レーザー光で対象物までの距離を測定…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]