/

米EVのリヴィアン、1400億円調達 アマゾンなど出資

【シリコンバレー=白石武志】米新興電気自動車(EV)メーカーのリヴィアンは23日、13億ドル(約1400億円)規模の新たな資金調達を完了したと発表した。同社と資本・業務提携している米アマゾン・ドット・コムや米フォード・モーターも追加出資した。2020年後半とする大型EVの量産開始に向け、投資を加速する狙いとみられる。

今回の資金調達は、過去に米テスラの大株主だったことで知られる米運用大手のTロウ・プライスが主導し、米ブラックロックが運用する投資ファンドも参加した。リヴィアンの資金調達は19年に入って4回目。今年だけで約30億ドルの資金を調達した計算で、EV市場で先行するテスラへの対抗軸を形成しつつある。

リヴィアンは09年の設立で、18年11月のロサンゼルス自動車ショーでピックアップトラック型や多目的スポーツ車(SUV)型のEVを初披露した。17年に米イリノイ州にある三菱自動車の閉鎖工場を買い取り、2020年後半から米国市場向けにEVの量産を始める計画を示している。

19年2月にリヴィアンへの出資が明らかになったアマゾンは、ネット通販の配送部門からの二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えるためリヴィアンに10万台の配送用のEVを発注しており、21年から段階的に導入する計画を示している。19年4月に5億ドルを出資したフォードはリヴィアンから大型EV専用のプラットホーム(車台)の供給を受けると発表している。

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン