ボーイングCEOが退任、737MAX問題で引責

2019/12/23 23:37
保存
共有
印刷
その他

ボーイングのCEOを退任したミューレンバーグ氏(2019年4月、シカゴ)=ロイター

ボーイングのCEOを退任したミューレンバーグ氏(2019年4月、シカゴ)=ロイター

【ニューヨーク=中山修志】米ボーイングは23日、デニス・ミューレンバーグ最高経営責任者(CEO)が同日付で退任したと発表した。2度の墜落事故を起こした小型機「737MAX」の運航再開のめどが立たず、経営責任を取る。デビッド・カルホーン会長が2020年1月13日付で後任CEOに就く。

ミューレンバーグ氏は23日にボーイングの取締役も辞任した。グレッグ・スミス最高財務責任者(CFO)が20年1月まで暫定CEOを務める。

ボーイング社内では墜落事故後のミューレンバーグ氏の管理能力を問題視する声も出ていた。ボーイングは同日の声明で「取締役会は、規制当局と顧客、すべての利害関係者との関係を修復するために取り組んでいる。ボーイングが前進する自信を回復するために、リーダーシップの変更が必要だと判断した」とコメントした。

ミューレンバーグCEOは737MAXについて「2019年中の運航再開を期待している」とたびたび発言。米連邦航空局(FAA)幹部が今月の米下院の公聴会で「年内の再開はしない」と明言し、「決めるのはボーイングではなくFAAだ」とミューレンバーグ氏にクギを刺す場面もあった。

ミューレンバーグ氏は15年にボーイングCEOに就任。今年10月に兼務していた会長職を外れCEO専任となっていた。10月の米議会の公聴会に出席し、自らの進退について「運航再開に全力を尽くすことが努めだ」などと説明していた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]