「年功・終身」見直し重点に 経団連が春季交渉指針

2019/12/23 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

経団連は23日、2020年春季労使交渉の経営側の指針を大筋でまとめた。賃上げに加え、年功型賃金や終身雇用を柱とする日本型雇用制度の見直しを重点課題に掲げた。このままでは経済のデジタル化などに対応できないとの「強い危機感」(中西宏明会長)がある。経団連として課題を提起し、社員の意欲や稼ぐ力を高められるよう会員企業の検討を後押しする。

20年1月に経営側の指針となる「経営労働政策特別委員会報告」を公…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]