日立造船、海外でごみ焼却発電所を運営
まず豪州で、総事業費400億円

2019/12/24 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日立造船は海外でごみ焼却発電所の運営に乗り出す。オーストラリアに新設する発電所の運営を2022年から20年間担う。総事業費は約400億円。ごみ焼却発電所の建設などでは豊富な実績があるが、運営を手がけるのは海外では初めて。世界では環境意識の高まりで、埋め立てに代わる焼却処分が増えている。運営まで受け持ち、安定収入の確保を目指す。

スイス子会社イノバや英インフラファンド、運営ノウハウが豊富な仏スエズ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]