ウズベク下院選、政権支持政党が全議席 残る強権体制

2019/12/23 20:45
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【タシケント=小川知世】旧ソ連のウズベキスタンで22日、任期満了に伴う下院議会選挙があり、政権を支持する政党が全議席を占める見通しとなった。強権を振るったカリモフ前大統領の死後初の議会選で、民主主義を内外に強調したが、反体制派を排除した強権的な政治構造は変わらなかった。

「民主主義の発展に新たな道を開いた」。中央選管のアブドゥサロモフ委員長は投票終了後の22日夜、選挙が成功裏に終わったと自信をみ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]