/

この記事は会員限定です

税調、消えた「電話帳」 陳情にもデジタル化の波

民主主義の現場 変わる税・予算編成(上)

[有料会員限定]

政府・与党が翌年度の予算や税制を決める12月は、経済界や地方自治体などによる陳情の季節だ。政党本部や官庁は要望を伝えようとする人々がひしめき合う。そんな毎年おなじみの年末の風景も、デジタル化やグローバル化、政治力学の変化といった時代の波を受けて少しずつ形を変えている。

「え? 紙の資料はないんですか」。2020年度税制改正を巡る2日の自民党税制調査会の会合に訪れた議員秘書らから困惑の声があがった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1255文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン