500万円のカニ、ギネスに認定 鳥取港で落札

2019/12/23 19:39
保存
共有
印刷
その他

500万円で落札された五輝星(写真中央は落札業者、右は平井知事)

500万円で落札された五輝星(写真中央は落札業者、右は平井知事)

鳥取市の鳥取港で11月に500万円で落札された鳥取県の認定ブランド「五輝星(いつきぼし)」のズワイガニが23日、「競りで落札された最も高額なカニ」としてギネスブックに認定された。2018年に地元業者が200万円で落札したカニが初めて世界最高額として認定されたが、記録を更新した。

県が同日、東京・新橋のアンテナショップでギネス関連イベントを開き、認定員から正式に認定を受けた。平井伸治知事は「これからカニが一番おいしい時期。ぜひ鳥取へウェルカニ」とアピールした。

平井知事は14年に「蟹(かに)取県」を宣言し、15年の漁期から独自の認定ブランドとして五輝星を導入した。五輝星は13.5センチ以上という甲羅の幅や鮮やかな色合いなど5つの基準で漁協や魚市場のセリ人が目利きとなって認定する。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]