/

この記事は会員限定です

前橋市が公共交通で実験続々 利便性高め中心街活性化

北関東フォーカス

[有料会員限定]

前橋市が大手企業などと交通関連の実験を次々と始めている。次世代移動サービス「MaaS(マース)」構築やバス路線再編のあり方を調べるためだ。まちなかを走る公共交通を便利にして失われたにぎわいの復活を狙う。車の普及や人口減少が進むなかで、IT(情報技術)などの力で利用者を増やすことができるか注目を集めている。

「とても乗りやすい。これならまた自転車を使うようになるかもしれない」。11月末、前橋市内で電...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1318文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン