/

「子」の土鈴もうすぐ出番 北海道神宮、手作り大詰め

札幌市中央区の北海道神宮で来年のえと「子(ね)」をかたどった素焼きの土鈴作りが大詰めを迎えている。年末までに約5千個が作られ、元旦から授与所で求めることができる。1個千円。

中畑房子さん(92)、ゆかりさん(67)の母子が境内の「神宮窯」で45年以上手掛けてきた。6月半ばから試作を始め、素焼きに赤色や金色で丁寧に色付けする作業が続く。

土鈴は高さ約5センチ、幅約7センチの手のひらサイズ。窯の温度や火加減で、色合いや「ころころ」という優しい音色が一つ一つ異なるという。ゆかりさんは「手に取ってくれた方がそれぞれ願いを込めてもらえたら、私も幸せです」と話した。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン