/

2019年の平均気温、歴代最高 気象庁

気象庁は23日、2019年の天候と台風のまとめを発表した。日本の年平均気温の速報値は基準値(10年までの30年平均)を0.92度上回り、1898年の統計開始以来最も高温となる見通し。地球温暖化が影響したとみられる。

39度を超えた気温を表示する、岐阜県・JR多治見駅前に設置された温度計(8月1日)=共同

気象庁によると、年平均気温は北海道から沖縄まで15の観測地点を抽出し、それぞれの基準値の差から算出した。全国的に気温の高い状態が1年を通して続いたことが要因という。

台風は29個発生、うち15個が接近、5個が上陸した。いずれも平年値(発生25.6個、接近11.4個、上陸2.7個)を上回った。3~6月中旬は発生がなかったが、11月だけで6個発生した。台風発生数の記録がある1951年以降、最多は67年の39個。

千葉市付近に上陸し大規模停電を引き起こした15号、東日本を中心に大雨被害をもたらした19号はいずれも上陸時の最大風速が40メートル。上陸時の最大風速の統計がある91年以降に、東日本に上陸した台風としては1位タイとなる強さだった。

世界の年平均気温速報値は基準値(同)を0.42度上回り、1891年の統計開始以来で2番目に高くなりそうだ。各地で異常高温が発生し、ヨーロッパ北部から中部では、6~7月の熱波で最高気温の記録を更新した国もあった。確定値は日本分が来年1月、世界分が同2月にそれぞれ公表される。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン