/

十津川村と奈良市間に直通バス 1時間20分短く

「谷瀬のつり橋」近くで30分停車し、見学時間も設ける(奈良県十津川村)

奈良県十津川村と奈良交通は同村と奈良市街を往復する「観光特急バス」を2020年2~3月の週末に運行する。奈良では訪日客を含めた観光客が奈良公園付近に集中する。奈良市から県内各地へのアクセスも良くないことが課題で、県が協力し実現にこぎ着けた。

土曜日に十津川村行き、日曜日に奈良行きを各1便運行する。3つの温泉地がある十津川村で宿泊してもらうことが狙いだ。空港リムジンバスと同様の車両を使い、乗車時間は約4時間。午後1時すぎにJR、近鉄の奈良駅から出発するダイヤ編成とし、新幹線で京都や大阪を経由して来る観光客にも配慮した。

十津川村には3つの温泉地がある(十津川温泉のホテル昴)

大人片道4千円。交通系ICカードで乗車でき、予約なしでも空きがあれば乗れる。

十津川村を走る奈良交通の「日本一距離の長い路線バス」は近鉄の大和八木駅(橿原市)発で、奈良からは鉄道を乗り継ぐ必要がある。直通にすることで約1時間20分短縮する。今回は試行で、ニーズや既存路線との競合などを踏まえて本格運行を検討するという。

奈良県の調査によると、十津川村を含む県南部を訪れる観光客は全体のわずか8.9%。宿泊客数は7割以上が奈良市を含む北部に集中し、県内各地への送客が課題となっている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン