無所属議員の処遇も課題 野党合流へ詰めの協議

2019/12/24 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

立憲民主党と国民民主党による合流協議は年末の節目に向けて大詰めの調整に入る。合流構想を主導する立民の枝野幸男代表は年内に方向性を決めたい考えだが、国民民主の玉木雄一郎代表は党内調整に時間がかかると慎重な姿勢を示している。立民は同じ会派に所属しながら党に入れない無所属議員の処遇に腐心している。

立民の福山哲郎幹事長と国民民主の平野博文幹事長は23日、大阪市内のホテルで基本政策などについて話し合った…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]