/

この記事は会員限定です

ロート、細菌ブロック容器が握る医療目薬の勝算

大阪経済部 横山龍太郎

[有料会員限定]

ロート製薬が2020年3月、国内で医療用目薬に参入する。後発薬メーカーの日本点眼薬研究所(名古屋市)を買収すると11月に発表した。患者のアレルギー症状などにつながる防腐剤がいらない、特殊な容器技術を強みとする中堅メーカーだ。ロートの利益成長のカギになる。

ロートは日本点眼薬の買収額や利益水準を公表していない。2018年度の売上高は56億円だ。ロートはドラッグストアなどで扱う一般向け医薬品(OTC)の目薬で世...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1149文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン