/

クリスマス後の廃棄生花、買い取ります RIN

RINのドライフラワーによる装飾の様子

空間装飾などを手掛けるRIN(東京・渋谷)は東京23区内でクリスマス後に廃棄される生花を買い取る。ドライフラワーにして装飾などに役立てる。プレゼントなどに使う生花が売れ残って大量に廃棄される問題の解消に一役買うことで、生花の回収再生事業の認知度を高める。

26、27日に23区内の生花店や百貨店、ホテル、レストランなどを対象にクリスマス後に廃棄する赤バラやポインセチアなどを仕入れ価格の半値で買い取り、回収も行う。25日までインターネットで事前の申し込みを受け付ける。少量の場合は断ることもあるという。買い取った廃棄花を使ってドライフラワー作品を制作する。

同社は「廃棄花ゼロ」を目指し、生花の回収再生事業を展開している。国連の持続可能な開発目標(SDGs)にかなう事業として生花店などに売り込む。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン