/

東京海上、エジプト生保株の75%売却 合弁に切り替え立て直し

東京海上ホールディングス(HD)傘下の東京海上日動火災保険は23日、エジプトで生保事業を手がける子会社の一部株式を売却すると発表した。事業が伸び悩むなか、現地で金融事業などを手掛ける2社との合弁会社に切り替えて顧客基盤の拡大につなげる。

保有する株式の75%を2020年夏をメドに約5億5000万円で売却、保有比率は25%になる。子会社は「タカフル」と呼ぶイスラム教に基づく生命保険事業を展開。19年6月期の取扱保険料は4200万エジプトポンド(約3億円)、税引き後損益は1600万エジプトポンドの赤字だった。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン