/

この記事は会員限定です

芭蕉も詠んだか、信州坂城のねずみ大根

地産ならではの形と辛さを継承 小林善道

[有料会員限定]

長野県北部にある坂城町は千曲川が流れ、戸倉上山田温泉にもほど近い地域だ。古くからこの地域で受け継がれてきたのが、伝統野菜の「ねずみ大根」である。毎年、9月初旬に種をまき、霜がおり始める、11月下旬ごろまでに収穫する。

なぜそんな名前なのか。それは形を見てもらえばすぐに分かってもらえるだろう。一般的な大根は、首から根の方まで太さがあまり変わらない。一方で、ねずみ大根は首が細く、下の方にいくにつれて下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1667文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン