/

この記事は会員限定です

サウジアラムコ上場、アジアの国営石油も続くか?

アジア総局長 高橋徹

[有料会員限定]

まさに破格の株式公開劇だった。サウジアラビア国営石油サウジアラムコが12月11日、自国内で株式を上場した。上場時の時価総額は1兆8770億ドル(約200兆円)で米アップルを、資金調達額256億ドルは2014年のアリババ集団(中国)を上回り、いずれも史上最大を記録した。世界の国営石油の「顔」といえるアラムコの民営化は、アジアにどんな影響を及ぼすのだろうか。

国際通貨基金(IMF)の直近予測によると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2711文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

Asia Analysis

経済が成長し目まぐるしく変化するアジアの国々。米国と中国の超大国同士の貿易摩擦が激しくなる中、その狭間に位置するアジアにも余波が及んできた。現地の政治・経済の今を切り取る。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン